銀行員から起業して思うこと

銀行員からの起業は自分が思っている以上に全く違う環境でした。そんな日々で感じたことを綴っていきたいと思います。

銀行員からの起業のリアルNO.24 ~地方創生~

2019年1月15日

本日は地方創生のセミナーに参加してきました。私たちにとって地方創生は関心が大きいテーマです。

というのも、各都市の中小企業は特に人手不足が深刻だからです。

銀行員時代に大阪にいた時、業績が非常に良い御会社かつ大阪にある企業でさえ、人材確保に苦戦をしていました。

これは私たちの多くが「大企業の方が良い、大企業は安心」という考えが強いことや、中小企業の魅力が世の中に十分広まっていないからだと思っています。

中小企業の魅力を広められるように、私たちが出来ることを考え全力で取り組んでいきます。

銀行員からの起業のリアルNO.23 ~ものづくりのロマン~

本日は中小企業2社に訪問させていただきました。
貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。
こうして色々な話を聞けるのが本当に楽しいです。
今まで知らなかった技術や商品など初めて聞くことが殆どで沢山の驚きと感動があります。

特に、本日訪問したお会社が展開していたブックマーカーにはそのお会社の技術や商品製造に対する想いがしっかりと込められていました。
ブックマーカーなので、マネークリップのように小さいのですが、その小さな商品の中にも中小企業が今まで培ってきた歴史や技術が詰まっていると思うと、
ロマンを感じます。

そして、日本の中小企業の技術力の高さを改めて感じます。

「中小企業の技術や商品をより多くの方に伝えたい」起業した時の想いが更に強くなった日でした。

銀行員からの起業のリアルNO.22 ~女性誌は勉強になります~

2018年1月7日

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
今年も皆様に喜んでいただける商品を中小企業の方と連携してお届けしていきます。

本日、私共の商品であるシルクこんにゃくスポンジ「URUMAN」が雑誌「VERY」に紹介されました。
初めて「VERY」を読んだのですが、男の私でも読み入ってしまいました。
女性に何をプレゼントしたら喜んでもらえるかなど、非常に勉強になりました。

3月にはホワイトデーも控えていますので、女性に贈るプレゼントで迷ったときには、女性誌を購入して研究するのも良いかもしれません。

銀行員からの起業のリアルNO.21 ~世界最古の球技~

2018年12月26日

本日はランチ交流会があり、そこで世界最古の球技「スポールブール」の日本代表の方とお会いしました。
スポールブールとは1キロ程のボール(ソフトボールぐらいの大きさ)を転がしたり、投げたりして目標球に近づける競技のようです。

現在日本での競技人口は50名ほどと少ないのですが、2024年のパリ・オリンピックにて正式種目になる可能性があるようです。
競技人口が少ないので、もしかしたら今からオリンピックを目指せるかもしれません。
私も一度やってみたいと思ったのと同時にまだまだ知らない世界があるなと感じました。

銀行員からの起業のリアルNO.20 ~クリスマス~

2018年12月25日
クリスマスですね!
クリスマスだからと言って特に何かをするわけではないのですが、街の雰囲気が好きです。
どこも混んでいるのですが、心なしか皆さんがウキウキしているのを感じ取れます。
こんなウキウキが毎日続けば、日本はもっと元気になるのになと思ってしまいます。

話は変わりますが、私はサンタクロースの存在を中学校まで信じていました(プレゼントが来たのは小学校まで)。
大人になってから、思うことではありますが、私は母子家庭で育った為、
母親が毎年一人でプレゼントを準備してくれていたのだなーと思うと、こみ上げてくるものがあります。
母親にも親孝行が出来るように、頑張ろうと思った2018年のクリスマスでした。

銀行員からの起業のリアルNO.19 ~お城EXPO~

2018年12月21日
明日から開催されるお城EXPOの準備をしに、横浜パシフィコに行きました。
(お城EXPOではお城のジオラマ作家岐部様と腹巻のコラボをさせていただいています。)
今まで出会ったことのない方たちとお会いすることが出来、とても貴重な経験でした。
ですが、私の知識不足を実感。勉強しなければいけないですね。

銀行員からの起業のリアルNO.18 ~自分に自信を持って欲しい~

2018年12月20日

前職の先輩とお会いしました。

自分の仕事を「面白味の無い仕事だ」と発する銀行員が多い中、その先輩は心底、銀行員の仕事にやりがいを感じ、楽しんでいるようで素敵でした。

こうした、「自分の仕事にやりがいや楽しさを感じる」社会人の方をどのようにしたら増やせるのかなと考えます。

その先輩を見ていて思うことは、とにかく自信があること。仕事にも自分の身だしなみにも(決して芸能人のように誰もが絶賛するほどの容姿ではありません)。

こうした自信は、自分の周りの環境を自分が過ごしやすい環境に変えられるのだと思います。

例えば、うじうじして自信の無い営業をされるより、自信を持った営業をされた方が、心を動かされますよね。
自信なくお願いされる依頼事項より、自信を持ってお願いされる依頼事項の方が、「手伝ってあげよう」と思いますよね。

自分に自信を持つこと。「身なりがきちっとしている」「ある分野の知識が豊富」「プレゼントのセンスが良い」などなど、最初のきっかけは何でも良いと思いますが、自分に自信を持つことが重要です。
自信を持てる方が増えるように、僕たちは貢献をしていきたいと思っています。

銀行員からの起業のリアルNO.17 ~腹巻お城EXPOに出店予定です~

2018年12月19日

当店で取り扱う、「一年中快適に着用出来る腹巻」が今週の22、23、24日で行われるお城EXPOに出店させていただくことになりました。
お城のジオラマ製作のパイオニアでもある岐部氏とコラボした商品になります。腹巻が気に入ってもらえてうれしい限りです。
そして、周りの方のご協力により納品まで何とか間に合わすことが出来そうです。
詳細は都度お伝えさせていただきます。

銀行員からの起業のリアルNO.16 ~戦争~

2018年12月18日

本日は、戦傷病者とその家族の労苦を伝える「しょうけい館」(九段下駅近くにあります)に行ってきました。

言葉では表現できませんが、是非一度行っていただきたいです。

今の時代では失ってしまった、大事なものを見つけることが出来ると思います。

銀行員からの起業のリアルNO.15 ~腹巻がイベントに出店予定~

2018年12月14日

当社が取り扱う、ビジネスマン用の腹巻が来週のイベントに出店されそうです。

その業界では有名な方とのコラボという形での商品企画になるのですが、

こうしたお話をいただけるのは嬉しい限りです!

詳細はまた別途お伝え致します。

腹巻は本当に病みつきになる商品なので、皆様も是非一度使ってみてください。