心に残る一冊のご提案vol.1「竜馬がいく」

心に残る一冊「竜馬がいく」のご提案


皆様は小説を読みますか?? 
心に残る一冊はありますか?? 

わたくしは最近
司馬遼太郎の小説 
竜馬がいく
全八巻 を読み直しました!

                

学生時代に一回読んでいたのですが、今読むとまた違った見方ができて面白かったです。

坂本竜馬が凄いのはもちろんですが、幕末の時代にいきた人々の思想、立場は違うけどそれぞれがそれぞれの使命を、最後まで命の燃える限り全うしようとする意思の強さが鮮明に書き綴られていていつ読んでも感銘をうけます。

 
自分もこの時代に生かされてなにができるのか、自分はなにをすべきか、日々一生懸命生きてるのか、、などなど、色々と自問自答させられますね。
 
最後に
竜馬の一言

「何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから」 
  
男らしいことをさらっと言える竜馬はやはりカッコいいです。 

まだ読んだことがない方は是非読んでみて下さい!