知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.13「有限会社萩原製畳」

知って欲しい日本の素晴らしい企業「有限会社萩原製畳」のご提案

畳屋さんと聞いて、みなさんはどのようなイメージがあるでしょうか。
私の中では「職人」「リラックスできる場所」というイメージがあります。なぜなら、私の実家の近くには畳屋さんがあるのですが、そこでは熟練の職人さんが働いており、お店の前を通るといぐさの良い香りがするからです。

本日は昭和4年(1929年)に創業し、地域に根差した歴史ある畳屋さんでありながら、とても現代的なデザインを取り入れたお洒落な商品を販売している、「有限会社萩原製畳」さんをご紹介致します。大田区西蒲田にあるお会社です。

当社が販売している商品がコチラ

「三寸畳コースター」

いかがでしょうか。コップなどを置くコースターなのですが、とてもお洒落ですよね。


「寸」とは、日本独特の長さを表す測量単位で、現在も畳製作に用いられている寸法表記です。
一寸:3.03cm 一分:0.3cm
です。コースターの大きさは3寸(横)×3寸(横)×2分(厚)ですので、約9.1cm×9.1cm×0.6cmとなります。
ちなみにおとぎ話で有名な一寸法師の大きさは、一寸ですので3.03cmであることがわかります。とても小さいです。

コースターは薄くて軽くスペースを取らないので、カバンの中でも負担にならないで、お土産に最適です。
また、縁の柄も多彩なので何種類も揃えたくなります。

畳を用いており、日本の文化を感じれることから外国人の方も喜んでくれそうです。

私は飛び込みでお邪魔させていただいたのですが、社長、奥様がとても親切に説明をしてくださり、そのお人柄から地域から信頼され・愛され長年に渡って日本の伝統である「畳」を守ってこられた理由がすぐにわかりました。

こちらのコースターも手作りで、作り手の想いが込められた逸品です。
ご自宅用だけでなく、プレゼントとしてもいかがでしょうか?

 

関連記事

  1. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.11「有限会…

  2. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.8「東駒スポ…

  3. 日本の素晴らしい伝統技術のご提案vol.2「むさし豊山」

  4. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.2「廣田硝子…

  5. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.5「ホワイト…

  6. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.1「株式会社…