同僚の方への潤いお菓子のご提案vol.2「ひとつぶの紫苑」

同僚の方への潤いお菓子「ひとつぶの紫苑(しえん)」のご提案


前回に引き続き、ビジネスマンの皆様が同僚の方との職場での関係性と、同僚の方の気持ちの両方を潤すことが出来る、潤いお菓子のご提案です。

年末にかけて大きな仕事を成し遂げた時は、周りの方への「ありがとうございます」の感謝の気持ち、是非かたちにしてみてはいかがでしょうか。

本日ご紹介させていただくのは

共楽堂さんで販売をしている

「ひとつぶの紫苑(しえん)」

購入店舗:銀座三越店
※本店は広島県。販売店舗は都内だけでなく、埼玉、千葉、大阪にもあります。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

金額:4個入1,200円(税抜)
その他:こちらの販売は今期分はまもなく終了してしまうみたいです。これからの季節は栗や柿のお菓子が出てきますので、今後ご紹介させていただきます。また、夏季には「ひとつぶのマスカット」や「ひとつぶのピオーネ」などコチラも絶品のお菓子が販売されますので、乞うご期待です。

ますはコチラをご覧ください。

箱が可愛らしいですね。また、このようにオリジナルの短冊をつけることが出来ます。


お正月やクリスマスなど沢山の種類があるので、イベントに応じて最適な短冊を選ぶことが出来ますね。

中身はこのような感じです。

※今回は「ひとつぶの紫苑」と「ほくほ栗」の2個ずつのセットを購入しています。ほくほ栗も美味しいので後日書かせていただきます。

キレイに梱包されています。

箱でプレゼントするのも良いですが、それぞれ個包装になっているので、箱から取り分けて一つでお渡しするのも良いと思います。

風呂敷のような外包みを開けると

キレイで可愛らしい、一粒のブドウ「紫苑」が出てきます。

 

「紫苑」は1粒ずつ、求肥で包まれています。

この紫苑と求肥のバランスが最高なんです。
紫苑は求肥でコーティングされている為、噛んだ瞬間は少しカリっと固さがあるのですが、口に含むとその求肥がもちっとなり、噛むと紫苑のジューシーな果汁が口いっぱいに広がります。

この求肥が厚すぎず、薄すぎず、絶妙な厚さで素材を上手く活かしてくれます。

色々な食感がマッチして、

一粒で何倍も楽しめる美味しいお菓子です。
また、見た目も品があり、老若男女問わず喜ばれるプレゼントだと思います。
甘すぎるのが苦手な男性にも是非プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 同僚の方への潤いお菓子のご提案vol.3「ほくほ栗」

  2. 同僚の方への潤いお菓子のご提案vol.4「銀座ウエスト リー…

  3. 同僚の方への潤いお菓子のご提案 vol.1 「ピエールマルコ…