日本の素晴らしい企業⑭「向島めうがや」

こんばんは。

姿勢補正インナーを展開している株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日は足袋を扱っている「向島めうがや」様をご紹介します。

創業は1867年であり、150年の歴史を有します。

ところで、皆さん、足袋はご存知でしょうか。

以前、ドラマでも話題になったので、耳にしたことはあるかもしれませんが、

足袋は和装の時の履物です。昔和和装がメインだった為、足袋は

欠かせない物でしたが、近年では普段の生活で身に着けることは、ほぼなくなってしまいました。

その為、足袋屋さんの数も一気に少なくなってしまっているそうです。

向島めうがや様では足型の採寸から縫製、仕上げ迄足袋作りの全工程を自社で行っています。

また、製造の多くは完全フルオーダー製で承っています。その履き心地はとても良いことから、

芸者さんや料亭の女将さんなど全国にファンがおり、製造が2~3か月待ちとのこと。

足袋は地面の感触が直接足に伝わるなど、裸足に近い感覚で歩いたり走ったりすることが出来ることから、

「歩き方や走り方の改善につながり、健康に良いのではないか」と科学的にも検証されているようです。

生活様式が変わり、今では必要性が薄れてしまったアイテムにも、日本の熟練の技術が詰まっています。

こうした物を改めて見直すことが、日本人の生活をより充実したものに繋げるのではないかと感じました。

 

 

関連記事

  1. 日本の素晴らしい企業⑬「有限会社大国屋」

  2. 日本の素晴らしい企業③「株式会社富田染工芸」

  3. 日本の素晴らしい企業⑨「東駒スポーツ用品株式会社」

  4. 日本の素晴らしい伝統技法⑩「むさし豊山」

  5. 日本の素晴らしい企業⑥「株式会社山藤」

  6. 日本の素晴らしい企業⑤「ホワイトローズ株式会社」