知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.11「有限会社大国屋」

知って欲しい日本の素晴らしい企業「有限会社大国屋」のご提案


こんばんは。

株式会社GAIKENの浜井啓介です。

 

「人と料理を最後につなぐ それが箸と云う道具の役割」

非常に素敵なメッセージですね。

本日は有限会社大国屋様をご紹介致します。

 

当社は上記メッセージの通り、お箸を作られているお会社です。

当社が手掛ける江戸木箸は大正の初期より作り始められたもので

100年の歴史があります。

江戸木箸という呼び名は他の土地で作られる箸と区別するために

大黒屋様が商標登録したもののようです。

 

江戸木箸は厳選された木を使っており、木そのものの良さを生かしたお箸です。

機械では困難な高度な技術が用いられており、特に手作業を要する七角等を削る技術や、

非常に細い先端部まで削り上げる技術が駆使されています。

200種類以上の箸から選ぶことが出来ますが、これは

手の大きさ、指の長さ、感覚は人それぞれ異なるため、自分の手に合った箸を

選んで欲しいとの想いからです。

普段何気なく使っているお箸ですが、

「箸は食と人を箸渡して、命の箸渡しをする大切な道具」という

当社のメッセージを聞いて、普通にお箸を使い、ご飯を食べられていることに

有難みを感じました。

世界には約8億人(世界人口の9人に1人)もの人達が十分に

ご飯を食べられない現状があります。

当社が作る作り手の想いが込められたお箸を使うことで、

おいしいものが食べられる幸せをより感じれるのではないかと思いました。

 

関連記事

  1. 日本の素晴らしい伝統技術のご提案vol.1「指物益田」

  2. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.3「株式会社…

  3. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.8「東駒スポ…

  4. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.4「有限会社…

  5. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.1「株式会社…

  6. 知って欲しい日本の素晴らしい企業のご提案vol.7「フットマ…