日本の伝統木造建築技術の伝承「木組み博物館」

皆さんこんにちは。

 日本製のメンズ用姿勢補正インナーを販売している株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日は企業の紹介ではないのですが、日本の伝統技法を残そうとしていらっしゃる

木組み博物館をご紹介します。

お寺や神社等にある建造物は日本の伝統木造建築の技術が使われています。

現在では、伝統技法で建てようとする人が減少していることや、作り手の後継者がいないこと、

材料が枯渇してきていること等の影響により、日本の伝統木造建築の文化が、徐々に薄れてきています。

 

恥ずかしながら、私自身この博物館に来る迄、伝統木造建築の文化が薄れてきていることは勿論、

日本の伝統木造建築の知識すらなかったです。

 

この博物館の素晴らしいところは、展示中心型の博物館とは違い、五感体験型のところ。

展示物の殆どに触ることが出来、自ら組み立て技法を体感することが出来ます。

その為、この伝統技法で建てる建造物の凄さや職人たちの技術力の高さを体感することが出来ます。

 

日本の大切な伝統木造建築の文化を今後も残していく為には、本やテレビで見たり聞いたりするだけではなく、

実際に肌で感じることが大事だと感じました。

関連記事

  1. 日本の素晴らしい企業「株式会社安心堂」

  2. 日本の素晴らしい企業②「廣田硝子株式会社」

  3. パンダランチ宅配便「株式会社まちづくり高田馬場」

  4. 私たちが知らない380.9万社

  5. 催事出店「NAスポーツクラブA-1笹塚店」

  6. GWの中日ですね