日本の素晴らしい企業④「有限会社武井製作所」

皆さんこんばんは。

日本製の男性用姿勢補正インナーを展開しております、株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日は有限会社武井製作所様をご紹介します。

皆様、一斗缶はご存知でしょうか。

業務用に油やインクが入っている大きな缶。

食堂等においてあるのを見かけたこともあるかもしれません。

一斗缶を利用する業種は、

「食品会社」「造船会社」「航空会社」「印刷会社」「大学の研究室」

などなど・・・・多業種に渡っています。

社はその一斗缶を人力で潰す機械を作っております。

その機械は当社が最初から最後まで一貫して製造する完全日本製。

一斗缶を潰すといってもなかなか、

イメージがわきにくいかもしれませんが、

一斗缶は大きさも結構ある為、中身を利用した後の

空き缶はスペースをとってしまい、邪魔になってしまいます。

また、時には中にシンナー等の引火物が入っている場合は

何かの拍子で残液が漏れ、火事の原因になるかもしれません。

そのようなこともあり、一斗缶を利用する企業は、

使い終わった一斗缶を以下4つの方法のいずれかで処分しています。

 

    カッターを使い自分達で切る

    電動プレス機を用いて潰す

    手動プレス機を用いて潰す

    潰すのを諦めて、産業廃棄物業者に回収を依頼する

 

それぞれにメリットとデメリット(メリットは+、デメリットは-で表示)があります。

①カッターを使い自分達で切る

⇒+:低コスト、

 -:安全性に欠ける(数が多くなるにつれて作業者の集中力が切れ、手を切ってしまうケースも多々)

②電動プレス機を用いて潰す

⇒+:作業の簡素化、-:高コスト(1100万円以上が普通)、残液の漏洩

③手動プレス機を用いて潰す

⇒+:安全性が高い、低コスト、特殊な潰し方により、残液が漏れない

-:電動プレス機と比較すると時間がかかる

④潰すのを諦めて、産業廃棄物業者に回収を依頼する

⇒+:作業の簡素化

-:回収コストが掛かる為、高コスト

簡単ではありますが、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。

当社が展開する手動プレス機であれば、労力を比較的少なくしながらも、

安全に処分することが出来、電力等も使用しないため省エネにもなることから、

多くの有名企業が導入をされているようです。

当たり前と思っている日々の安心と安全なを支えているのは、

こうした企業なのだと感じました。

当社武井代表と一緒に撮影

関連記事

  1. 日本の素晴らしい企業⑥「株式会社山藤」

  2. 日本の素晴らしい企業⑤「ホワイトローズ株式会社」

  3. 日本の素晴らしい企業⑭「向島めうがや」

  4. 日本の素晴らしい企業⑨「東駒スポーツ用品株式会社」

  5. 日本の素晴らしい企業⑫「株式会社東あられ本舗」

  6. 日本の素晴らしい伝統企業⑦「指物益田」