日本製 姿勢矯正インナー開発物語②

こんばんは。株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日も私たちが展開する姿勢矯正インナーの開発の経緯の続きを

書かせていただきます。

 

4月の入学式までの休みの期間、1つのきっかけがありました。

それは、おばあちゃんから借りた、姿勢矯正のコルセットです。

私はおばあちゃんから「猫背なんだから姿勢を良くしなさい」とよく注意されていました。

私自身も「猫背」をコンプレックスと感じており、写真に写る猫背な自分が嫌でした。

その日も猫背について注意を受けた私は、ふと「コルセットでもつけてみるか」と思ったのです。

ちょうど3月で肌寒い季節ですので、Tシャツの上にコルセットをつけ、その上にジャケットを羽織り1日行動しました。

すると、その日予定していたアルバイトの面接に合格し、

久しぶりに会った友人から「今日はいきいきしているね」と言われ、

今思えば、何気ない1日だったのですが、私にとってはとても良い日であり、

それは「姿勢の重要性に気付いた日」だったのです。

その後、意識して姿勢を良くしたことで、友人関係、アルバイト、授業でのプレゼン等

全てが上手くいくようになり、人生が変わりました。

一方で、困ったこともあり、

 ・姿勢を良くするためには常に背筋に意識をしていないと出来ない

 ・コルセットは、特に夏場などでは暑く、かつTシャツの下に着用しても透けてしまう為、つけていられない

ということです。

 そこで、周りからも気付かれず、かつ着心地も良く、姿勢を矯正できるものがないかと思い、

商品を探したのですが、姿勢矯正力と着心地を兼ね備えた商品がありませんでした。

そこで、高い技術力を有した日本の職人さん達であればこうした難しい商品も開発出来るのではないかと思い、

自ら、日本の工場を回り、熟練の日本の職人さんたちと何度も話し合い、

同じ「猫背」で悩んでいる方、100人以上の意見も参考に日本製の姿勢矯正インナーを開発しました

 

日本人の多くが猫背だと言われています。

私がサラリーマンだった時に感じたことは、

能力も高く、人柄も良い人なのに何故か自分に自信がなく、かつ消極的な人が多いことでした。

私はこのような方々は

姿勢を正すことで、自分の能力・魅力をもっと周囲に引き出せ、周囲に気付いてもらうことが出来る

と思っています。

それが、

自分自身の自信に繋がり、きっと今以上に「仕事」を「プライベート」をより良いものに出来る

と思っています。

 

私達のインナーを着用することで、皆様の姿勢が改善し、

皆様の魅力が引き出されることで、仕事・プライベートに前向きな変化が起き、

毎日が少しでも良いものになれば、本当に嬉しいです。

関連記事

  1. 日本製 姿勢矯正インナー 開発物語①