日本の素晴らしい企業②「廣田硝子株式会社」

こんばんは。

男性用日本製姿勢補正インナーを販売している株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日は東京都墨田区にある廣田硝子株式会社様をご紹介致します。

創業は1899年。東京で最も古いガラスメーカーです。

江戸時代からの伝統を受け継ぎ、職人がひとつひとつ丹精こめて作り上げる江戸硝子。

下記の画像は「大正浪漫硝子」

大正時代から続く製法に熟練の職人が「あぶり出し技法」を加えて生み出されます。

金型と絶妙な空気調整による温度差を与えることによって、模様をつけていきます。

金型と言ってもかなりの特殊な金型のようで、開発の為には、

金型製造業者だけでなく、他のガラス製造業者とも連携し、

製作したといいます。その為、諸外国が真似しようとしても出来るものではありません。

作り手が熱い想いをもって、様々な企業と語り合い、作り上げた商品なのです。

現代では、モノがあふれている社会になりました。

しかし、普段、私たちが目にする商品の多くには

「作り手の熱い想いが込められているものだ」

ということを今回、再認識しました。

また、私たちは、こうして熱い想いをもってモノ作りをしている

企業を大切にしなければいけないと感じました。

関連記事

  1. ビジネス交流会

  2. 日本の伝統木造建築技術の伝承「木組み博物館」

  3. GWの中日ですね

  4. 日本の素晴らしい企業「株式会社安心堂」

  5. 日本製 姿勢補正インナー 開発物語

  6. 3,000種類の補助金・助成金