日本の素晴らしい企業「株式会社安心堂」

こんばんは。

日本製の男性用姿勢補正インナーを展開している株式会社GAIKENの浜井啓介です。

本日は素晴らしい技術を有した企業の紹介をさせていただければと思います。

東京都足立区にある「株式会社安心堂」という印刷を手掛けているお会社です。

多くの印刷会社は最新鋭の印刷機械を有し短時間に大量生産という効率化を図る中、

当社は敢えてアナログの印刷で勝負しています。それは「少量多品種への印刷ニーズ」への対応です。

当社は「形のあるものであればなんでも印刷できます」と謳っており、

紙はもちろん、布類・皮製品・プラスチック・金属・陶器ガラス・精密機器・木工品等、

どんなものにも印刷が出来るのです。

 一例ではありますが、以下の画像が当社の印刷が施されいるものであり、

お弁当箱、ボール、瓶

 

時には米粒にも印刷が可能です。

 

 

少量多品種への印刷ニーズは衰えるどころか、年々増加しているとのこと。

有名テレビ番組で使う小道具への印刷や医療現場で使う道具への印刷等、

毎日多くの問い合わせがあるそうです。

 デジタル化が進む中、アナログの技術でしか対応出来ないサービスも増えているのかもしれません。

最近ではカナダの某有名大学の学生達が「当社の技術力を見たい」と工場見学にも来たということです。

私たちが普段目にしてる商品や道具には何かしらの文字や絵が印刷されており、

また私たちはそれを当たり前と思っています。

しかし、そこには当社のような高い技術力を有した日本の企業の力が詰まっているかもしれません。

関連記事

  1. 日本の伝統木造建築技術の伝承「木組み博物館」

  2. 日本製 姿勢補正インナー 開発物語

  3. 催事出店「NAスポーツクラブA-1笹塚店」

  4. 私たちが知らない380.9万社

  5. 自己紹介

  6. ビジネスマンにとって過酷な夏