日本のビジネスマンに自信を

自分に自信を持つ人の割合を現状の45.8%から80%迄上げる

2014年に内閣府が発表した「子ども若者白書」で、日本を含めた7カ国(ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、スウェーデン、韓国)満13~29歳の7,431名を対象とした意識調査の結果が出ました。それには「今の日本人が自分自身をどう捉えているか」について調査されており、その中でも、「自分自身に満足しているか?」という質問に対して、「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」と回答した人の割合は、日本以外の6か国は70~80%だったのに対して、日本は45.8%と最も低い結果でした。

意欲的にも取り組まず、職場にも満足していない

また、同時に調査された「うまくいくかわからないことにも意欲的に取り組むか」という質問に対しては、日本以外の国が平均約77%の割合で「意欲的に取り組む」と答えたのに対して、日本では約52%と、日本人は諸外国と比べてうまくいくかわからないことに対し、意欲的に取り組む意識が低いことがわかります。

同じように職場の満足度を聞いた質問では、日本人の職場への満足度は半数にも満たず、各国と比較しても日本が最も低い結果でした。

私たちGAIKENは、日本人の低い自己肯定感こそが「チャレンジ精神」「働くことへの意欲」に対しても悪影響を及ぼしているのではないかと考えています。
というのも、自分に自信がないと、何事も悲観的に物事を考えてしまう為、「自分なんかでは出来ない。」という思い込みだけでなく、「自分は周りから悪い風に思われているかもしれない」等と思ってしまい、「職場の居心地が悪い」「働きたくない」等といった意識へも繋がっていると思うからです。

自分に自信を持つキッカケは自分自身に

私たちは「自分を変えたい」「本当ならもっと力を発揮できるはず」 そう思っている方々を応援しています。自分を変えたり、自分に自信を持つキッカケは身近に、そして自らにあるものだと思っています。

私、浜井は学生時代迄、非常に内気で何をするにしても「自分なんて」とマイナス思考で物事を考えてしまい、自分が嫌いでした。
「自分を変えたい」という気持ちはあるのですが、自分を変えるといっても、何をどのように行動すれば良いかわからず、日々悩んでしました。
しかし、あるキッカケでずっと悩み、コンプレックスだと思ってきた「猫背」に向き合うようになり、猫背を改善する為に行動したところ、仕事もプライベートも上手くいくようになり、自分を変えることが出来ました。

自信を持つキッカケとなる商品を

皆様の中にも悩みやコンプレックスを抱えている方がいらっしゃると思います。一概には言えませんが、その悩みやコンプレックスの中には「質の良い商品を使うことで解消出来る」ものもあると思っています。

現在、日本にはこうした悩みやコンプレックスを解決させる為の商品、いわゆる「機能性商品」が溢れています。機能性商品は通常の商品に付加価値を加えたものであり、より高度な技術が求められます。一方、近年では人件費等の削減の為、「商品企画は日本」でするものの、「製造は海外に委託」というケースが多くなっています。

私たちは、『高い技術を要する機能性商品こそ、高度な技術を有する日本の企業であれば、より質の良い商品が作れるのではないか』と考えました

高い技術を有した日本の工場と直接提携し商品を開発することで、質の良い商品を適正価格でお客様に届け、一人でも多くの方に自信を持っていただき、「自分を変えるキッカケ」にして欲しいと思っています。

一人でも多くのビジネスマンに自信を。