代表挨拶

銀行員で感じた、日本の中小企業とビジネスマンの現状が起業の原点

株式会社GAIKEN代表取締役 浜井啓介
明治大学を卒業後、みずほ銀行に入行し、法人営業を担当。
2018年に当社を設立。

日本の素晴らしい技術を私たち日本人が潰してしまわないように

「浜井君、僕たちの工場の凄いところはね・・・」
前職の銀行員時代、中小企業の中でも、特にモノ作りをされている製造業の御会社の方とお話をすると、自分達が作っている製品のことを、本当に楽しそうに話をして下さいます。1時間や2時間、自分達の商品のこだわりやその製品が今日まで築き上げてきた歴史等をお話をして下り、私はそれを聞くのがとても楽しみでした。
しかし、私も銀行員ですので業績の話をすると、急に顔が暗くなってしまい、、、
これではいけないなと思いました。

生産拠点の海外シフト等に伴い、低価格での製造が可能になった今日では、私たち消費者もその価格競争に拍車をかけてしまいました。大企業の下請け製造を担う中小企業は大企業から限られた予算内での製造が求められます。中小企業は予算内に収まることだけを優先した製造で手一杯になり、自社の技術を最大限に発揮することが出来ていません。また、こうした製造業のお会社の中には、自社の技術力に自信を無くし、「うちの会社の強みはわからないな。」とおっしゃる御会社も少なくありません。

以前は周囲からもきちんと評価をされ、自社に自信を持っていたお会社も現在では自信が無くなり、自社の強みもわからない状態にまで陥っています。
このままでは、素晴らしいモノ作りの技術を有した日本の製造業は益々衰退してしまいます。

本来なら高い技術力を有した「Made in Japan」の製品を手掛ける中小企業の方に、もう一度自社の匠の技術を最大限に発揮した商品作りをしてもらい、その商品を世に広めたい。そんな想いがあります。

なぜか活躍できないビジネスマンは「姿勢が悪い」

「堂々としているなぁ。姿勢が良く、身だしなみもきちっとしているなぁ」
ものすごいスピードで企業を成長させている社長、社内の表彰式で最優秀賞を取っている銀行員等、活躍している方々に共通して感じたことです。
前職の銀行員時代、会社経営者や社会人1,000人以上を見る中で、「成功している経営者、活躍してるビジネスマンは全員、姿勢が良い」という共通点に気付きました。

一方で「知識も豊富で人柄も良い方」なのになぜか活躍出来ない人は「姿勢が悪い」という共通点にも気付きました。
また、姿勢が悪い方に共通するのは「自分に自信が無い」ということです。自分に自信が無いが故に、自分の意見や考えを相手に十分に伝えることが出来ず、周囲からもきちんとした評価がされません。そういう方々は自分に自信を持つキッカケさえ掴めれば、自らを周囲に発信することが出来、周りからも評価されるようになると考えています。

私自身もお昼にトイレでご飯を食べる程の内気な性格だった

私自身、何をするにも自信がなく、とても内気な性格でした。「周りから悪口を言われているんじゃないか・・・」と自己嫌悪に陥り、浪人生の時にはトイレでお昼ご飯を食べる時もありました。
自分を変えたいが、「何を」「どのように」変えたらよいかわからない日々でしたが、浪人生活経て、大学に合格した後の3月。4月の入学式迄の休みの間に、おばあちゃんから借りた、姿勢矯正のコルセットが人生を変えました。
母児家庭で育った私は、小さい頃からよくおばあちゃんに面倒を見てもらいました。そのおばあちゃんから「猫背なんだから姿勢を良くしなさい」とよく注意されていました。また、私自身も「猫背」をコンプレックスと感じており、写真に写る猫背な自分が嫌でした。その日も猫背について注意を受けた私は、ふと「コルセットでもつけてみるか」と思ったのです。
ちょうど3月で肌寒い季節ですので、Tシャツの上にコルセットをつけ、その上にジャケットを羽織り1日行動しました。
すると、その日予定していたアルバイトの面接に合格し、久しぶりに会った友人から「今日はいきいきしているね」と言われ、今思えば、何気ない1日だったのですが、私にとってはとても自分に自信がついた日でした。
その後、意識して姿勢を良くし、身だしなみを整え自分磨きを行ったことで自分に自信がつき、友人関係、アルバイト、授業でのプレゼン等上手くいくようになりました。
自分に自信が持てれば、仕事やプライベート等、毎日が楽しくなる。そんな私自身の経験をもとに、多くのビジネスマンにも自信を持って欲しいと思いました。

日本のモノ作りを通して、日本のビジネスマンを元気に

「姿勢が良くなったことで、前向きな気持ちになった」
「肌がきれいになったことで、周りから褒められた」
自分に自信を持つキッカケは人それぞれですが、そのキッカケの多くは自分自身を磨くことで掴めるものだと思っています。
外見より中身が大事だとおっしゃる方もいますが、その通りだと思います。ですが、日本人の多くは自分の中身すらきちんと出せていない人の方が多いのではないでしょうか。
外見を磨くことで自分に自信がつき、自分の内面を出すことが出来る。そして仕事やプライベートなど、毎日が楽しくなる。その中で、内面も更に磨かれていく。
そんなステップもあると思っています。

日本の中小企業には、世間には認知されていないものの、世界にも誇る技術力を有した会社が数多くあります。
熟練の職人さん達の技術力を最大限に発揮した日本製の商品で自分を磨き、日本のビジネスマンが自分に自信を持つ。
そして、日本製の商品が改めて見直され、モノ作りを手掛ける日本の中小企業が自社に自信を持つ。
そうした未来を実現したいと思っています。